ありがとう。「あな吉手帳術」
              ~主婦のための+こども手帳術
 

 
「あな吉手帳」こと浅倉ユキさん考案の手帳術を使って        
ご機嫌生活へご一緒に!     

講師☆けーこの歩む道 

自分の適量を知る方法

「今日はちょっと減らしたから、時間内に食べれたよ!」
「大好きなメニューだったら、少し増やしにしたの」

毎日、一番のお楽しみの給食の時の様子をこんな風に下娘が報告してくれます。


こんばんは、手帳術講師星野けいこです。

うちの娘たちの小学校の給食
配膳をした後に、「減らし」「増やし」という制度があって、自分の食べられる量に合わせて増減できるルールになっています。

最初聞いたときは、「え?なんで??」って不思議な感じ。
私の時はそんな制度なかったから・・・

kyusyoku_boy_girl.png



謎は保護者会の時に先生が教えてくれました。

残飯0を目指すために始まったルールだそうです。
ムリに均等に分けると、小食の子や、苦手な食べ物が出たときは大量に残飯となって破棄してしまいます。
でも、最初から減らせば、多く食べられる子に配膳ができるので、無駄にならない、と言うことです。

嫌いだからと言って、全部なくすことはできないそうですよ。
ちょっとはチャレンジしてみよう!ってね。


1年生の1学期などは、まだ子どもたちも不慣れなので、自分がどのぐらいの量が食べられるのか全然わかっていません。
だから、手間はかかるが残飯は減らず・・・という状況。

でも、毎日、繰り返すことで、少しずつ子どもたちも自分の適量が分かってくるそうです。

2学期になると、残飯は激減し、残飯0の日も何日もあったそうです。


へ~、なるほどね~~~って関心しちゃいました。

最初はね、好きなメニューだから「オレ、大盛り!!」って欲張っても、時間内に食べられなくて残しちゃう。
そうやって、失敗を経験することで、大好きだからいっぱい食べたいけど、時間内に食べられる量を知るんだな~


あー、これって時間の感覚を養うのと同じですね!

学校から帰ってきてから習い事に行くまでの時間2時間
友達とも遊びたいし、宿題もやらなくちゃだし、ゲームもしたいけど、明日の学校の準備もしておきたい・・・

何からやればいいかな
どのぐらいできるかな

繰り返して失敗したり、うまくいったりを経験することで、この2時間で自分がやれる量を少しずつ身体で覚えて、時間の感覚を覚えていくのですね。

だから、より分かりやすく感覚を養うために「こども手帳」があると便利なんですよ。



毎日繰り返すことで、適量を知る。

うん。
何事もそうだな。

あ、もちろん、子どもだけじゃなくて、
私たち大人も!ですね。



今日も感謝。
ありがとう。






スポンサーサイト


【開催講座等予定】

星野けいこ主催講座詳細・お申込み


マークの読み方
【予】…開催予定、受付開始前の講座
【受】…現在お申込み受付中の講座
【満】…満席、キャンセル待ち受付中の講座
【終】…開催済み講座

※上記日程・内容等は、都合により変更になる場合もあります。ご了承ください。




[ 2015/12/15 23:55 ] 手帳があるから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今後の予定


マークの読み方
【予】…開催予定、受付開始前の講座
【受】…現在お申込み受付中の講座
【満】…満席、キャンセル待ち受付中の講座
【終】…開催済み講座

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

☆けーこ

Author:☆けーこ
あな吉手帳術 ディレクター・講師
こども手帳術 講師(考案者)

2012年12月 講師資格取得
2013年 9月認定校講師資格取得
2014年 4月セルカン講師資格取得
2014年 9月「こども手帳術」本出版
2016年 7月「こども手帳術」本2冊目出版





「こども手帳術」「主婦のための手帳術」講座などを中心に活動中

超出無精の私ですが、家事・育児・趣味・遊び・講師業、毎日楽しんでいます。
小学校6年生と3年生の二人の娘と夫の支えがあってこそ。

東京都在住

メッセージ、質問などお待ちしています♪


手帳、ゆるべじ、子育てなどなど時々つぶやいてます。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村